定年退職後の働き方とその準備(1)

フリーランスこそ、定年退職後に相応しい働き方ではないかと考えています。ここではキャリアを活かしたプログラミングなど、ネットで技術を提供する個人事業主を想定しています。現役世代は顔を合わせて仕事をすることも必要ですし、現場に居ないとできない仕事も別ですが、特にソフトサービス系の仕事は定年退職後その必要はないと思います。働く側からすると、①出退勤で移動する必要がなく、打合せもネットでできる。②自分に適した時間の使い方ができる。③仕事の内容と成果により報酬が得られる。などが期待できます。一方会社側からすると、①完全成果報酬型にできる。②オフィスの費用を減らせる。③定年退職者に委託する仕事を広くネットで募集できる。などが期待できます。定年退職後に地方に移住したり、現役世代の方でも親の介護をしておられる場合は特にそうだと思います。私は定年退職後は地方に移住することにしましたので、これを前提として準備を進めて来ました。次回から二回に分けその準備内容について投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です